スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の大根

今年栽培した大根です。一個だけカブが混ざってます。

daikonshurui.jpg

ちょっと見にくいですが

右から()内は品種名

①青首大根(冬自慢)
一般的に売られている大根。生食、煮物、焼物などなんでもOK

②ミニ大根(味一番)
使いきりサイズのミニ大根。使い方は青首大根と同じ。
肉質か緻密で火が通りやすい。4年前から作っているお気に入りの大根です。 

③漬物用大根(新八洲)

細く長い漬物用の大根

④赤大根(紅化粧)  

皮が鮮やかな赤色の生食用の大根。中身は普通の大根と似ている。
サラダや酢漬け等

⑤黒丸大根(イタリアの種)
ヨーロッパでよく見かける大根。
別名winter radish(ウィンターラディッシュ)
冬でも保存性が高いので冬によく食べられます。皮が黒色、中身は白。
やや辛味が強い。皮ごとスライスしてサラダや皮をむいて煮込み料理など

⑥紅芯大根        
皮は白く中身は赤い中国の大根。
薄くスライスして酢漬けにすると鮮やかに色がでます!
くせがないので生でそのままサラダや大根おろしでもおいしく食べられます。
火を通すと色は落ちますがホクホクした食感です

⑦紫大根(イタリアの種)
皮が紫色、中は白。使い方は黒大根同様。

⑧ターニップ(イタリアの種)
別名:西洋カブ 皮が硬いので皮を厚めにむいて火を通すのがおすすめ。

黒大根と紫大根の皮の色がちょっと薄いです。土のせいかな??

この時期にいろいろ大根があるとおもしろいのでまた来年ももっとおもしろい種類にものを
見つけて楽しみます!!!

何か情報などありましたらよろしくお願いします。
               


Comment

非公開コメント

プロフィール

biofarm midori

Author:biofarm midori
山梨県北杜市須玉町で自然のサイクルを大切にした野菜栽培をしています。天気も虫も草も動物も人間も自然の循環の中で共に関わり合いながら生きています。野菜を通してみなさまにそんな普通のことを伝えられたらいいなと思い、日々奮闘中です!定番の野菜から珍しい西洋野菜まで幅広く栽培しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。